(公財)日本少年野球連盟(ボーイズリーグ) 奈良県支部所属


トップ
 > 入団案内(募集概要) > 体験談

南都ボーイズの入団のご案内です。



募集概要

監督メッセージ

体験談

 .
体験談

◆OB・卒団生◆


  南都21期生 小野寺 暖
  (京都翔英高校 - 大阪商業大学)
僕は奈良リトル出身ということもあって、同期のみんなより遅く入団しました。
初めはみんな僕より大きく、小学校の野球とは全然レベルも違い、本当にレギュラーになれるのかなという心配をずっとしながらやっていました。

二年生の時に一桁の背番号をもらったのですが、その後もあまりレギュラーに定着できず、自分の代になっても、出たり出なかったりが続き、僕の実力はこんなもんなんだと思ったりもしました。
でもそんな時でも、不調で全然打てない僕を見て、毎回 「今日はこんな打ち方になっていたぞ。」と根気よく指導して下さるスタッフがいつもいてくれました。

南都のスタッフは、指導者と選手という関係だけではなく、自分の息子のように接して下さる方ばかりです。また、僕が全然打てない時でも、期待して使い続けて下さった西川監督がいたからこそ、諦めずに最後まで頑張り続けることができました!

高校は、中学より部員数も多く、すぐに諦めてしまいやすい環境にあるのですが、南都ボーイズで諦めずに最後まで頑張り続けることを教わることができたので、高校ではレギュラーをとり、副主将を務め、3年の最後の大会では、準々決勝の龍谷大平安戦で、相手のエース 高橋投手から、3ランホームランを打つことができました。
ちなみに、その試合後、僕は熱中症で救急車で運ばれたのですが、そんな中でも試合中、しっかりとパフォーマンスできたのは、南都時代に西川監督から
「人間は追い込まれた時に、本当の姿が出る!そういう時に期待にこたえられる選手になれ!」
と言われてきたことを、ずっと忘れずやってきたからだと思います。

高校時代は本当にしんどくて、何回も辞めたくなったり、逃げ出したくなった時もあったのですが、そんな時でも西川監督から、「調子どうや?」 とか、「暖! 新聞載ってたぞ!」 とか、こまめに連絡を下さって、いろんな方が見てくれているんだと思い直し、絶対活躍して見せようと思えました。

西川監督は、中学時代の僕がちょけている動画を送ってきたりすることもあったり、選手との壁が無い本当にいい監督だなと思いました。いろんな選手とも話しますが、西川監督みたいな監督は他にはいません。

今後は時間があればグランドに顔を出し、現役の南都の選手たちに、少しでもアドバイスできたらなと思っています!
僕は南都が大好きで、今でも心から誇りに思っているチームです。