(公財)日本少年野球連盟(ボーイズリーグ) 奈良県支部所属


トップ
 > 入団案内(募集概要) > 体験談

南都ボーイズの入団のご案内です。



募集概要

監督メッセージ

体験談

OB・卒団生 .

在団生 .

保護者 .
体験談

◆OB・卒団生◆


  南都23期生 川端 健斗
  (秀岳館高校 − 立教大学)
僕は秀岳館に進学して、甲子園に4回出場させていただきました。最初はレベルの高さ、意識の高さに驚き、不安になる毎日でした。でも、やるしかない!!と腹をくくり、毎日努力を続けました。
それが実り、1年秋からベンチ入りすることができました。それができたのも、南都ボーイズで過ごした3年間でしっかりとした基礎、高校野球の厳しさを色々教わったからだと思います。

南都ボーイズ時代は、自分自身、ピッチャーとしての実力も全然無かったのですが、基礎的な事はしっかり学ぶことができ、それぞれのポジションにスタッフが付いてくださり教えてくれました。分からないことがあったら、西川監督、小林コーチ、當麻コーチなどマンツーマンで指導してくださる熱心な指導者ばかりです。
今思えばすごく野球がしやすい環境だったと思います。
秀岳館に入学できたのも南都ボーイズに入団してたからで、他のチームにいたら秀岳館との縁は無かったと思います。
南都ボーイズ時代は、きつい練習など、上手く行かなくしんどい時期もありました。でもすべて自分に返ってくると思い、切り替えて前向きに取り組むようになってから、やればやるほど上達し、成長が自分でも感じれるようになりました。
高校に入学してからも、西川監督は、こまめにLINEをくれたり、すごく気にかけてくださいました。
技術的なことや日常生活まで、いろんな所まで面倒を見てくれて自分自身、悩んでいるときなど、相談出来てすごく助かりました。
自分は南都ボーイズに入って本当に良かったと思っています。
南都ボーイズは、今では色んなOBが強豪高校に進学しています。また、公立高校に進学した同期も文武両道を両立し、キャプテンやチームの軸になっていました。
これは、南都でたくさんの高校で役立つことを教わったからだと思います。

中学野球を
熱心にしたい!
本気で上手くなりたい!
小学生は、まずは体験に行ってみてはどうですか?
設備も充実していて、野球のやれる環境は整っていると思います。

自分は大学に進学しますが、南都、秀岳館、世界を感じたU-18の経験を活かして、4年間 自分を磨き、更なる上の野球!!を目指して頑張ります!!

自分の野球を変えてくれた南都ボーイズで頑張ってみてはどうでしょうか?


   
ページトップへ

     
       
  南都22
期生 小島 誠人
  (敦賀気比高校※甲子園3度出場 − 甲南大学)
僕は甲子園で3度ベンチ入りすることができました。
そのうち1回はセンバツ大会優勝。また、地方大会での優勝も経験することができました。

僕が進学した敦賀気比高校は、甲子園の常連校でもあり、入部した時、周りは特待生や有名な選手ばかりで、正直不安も感じていました。

ですが、実際には、1年生の秋からベンチ入りすることが出来ました。
それは中学時代に南都ボーイズで、基本からきちんと鍛えて頂いていたお陰です。
キャッチャーとして大切な、ワンバンストップ、キャッチング、スローイングを丁寧に教えて頂きました。

南都ボーイズで教えて頂いたことは、どれも高校でも通用することばかりでした。

バッティングの調子が悪い時には、西川監督やコーチ陣が、付きっ切りで教えて下さることもありました。

高校に入ってからでも南都ボーイズのグランドに行くと、中学の時と同じように指導して下さり、高校の練習に戻った時にもすごく役に立ちました。

南都ボーイズで中学3年間野球ができたことで、今の自分があると思いますし、その経験はこれからの人生においても、きっと役に立つと思います。



ページトップへ


  南都22期生 山崎 健太
  (智辯学園高校 − 関西大学)
僕は、南都ボーイズで野球の楽しさ、厳しさ、そして怖さを知りました。

最上級生として迎えた南都でのラストシーズン。僕たちは全く勝てずにいて、初戦で負けることが続いていました。
夏前のある日、そんな僕らひとり一人に西川監督が100本ノックを打って下さいました。
ノックを受けている人はもちろんしんどいのですが、ひとりでノックを打ち続けて、誰よりもしんどいはずの監督が常に自分たちを鼓舞して下さる姿に、選手同士だけでなく、選手と監督との絆がより一層深まったことをよく覚えています。

それからは、どんなに苦しい局面でも決して諦めることなく、試合の終盤で逆転して勝利することができるようになりました。
さらに、最後の夏の選手権予選では、最終回に一挙4点を奪って、劇的なサヨナラ勝ち。その時にはあの西川監督が 嬉し涙 を流してくれました。
普段は冷静に指示をして下さる監督ですが、実はとても熱く、情熱的な人なのです。

高校へ進学してから、僕は怪我をして手術をすることになり、入院をしていました。その時も忙しい仕事の合間を縫って2回もお見舞いに来て頂き、落ち込んでいた僕を励まして下さいました。
退院後も、定期的に 「調子どうや?」 などとLINEを下さったり、アドバイスを頂いたりしました。
高校へ進学してからも、これ程までに気にかけて、助けて下さるような監督は日本全国探しても本当に数える程だと思います。

こんなにも気にかけて頂いたのに、高校では活躍はできませんでしたが、これから先、野球でも、それ以外の形でも、西川監督には必ず恩返しをしたいと思っています。
西川監督とは、自然とそういう気持ちが湧いてくる人なんです!

僕は南都ボーイズを選んで本当に良かったと思っています。
自分にとって、南都ボーイズへ通っていた3年間は財産であり、最高の宝物です。



ページトップへ



  南都21期生 小野寺 暖
  (京都翔英高校 - 大阪商業大学)
僕は奈良リトル出身ということもあって、同期のみんなより遅く入団しました。
初めはみんな僕より大きく、小学校の野球とは全然レベルも違い、本当にレギュラーになれるのかなという心配をずっとしながらやっていました。

二年生の時に一桁の背番号をもらったのですが、その後もあまりレギュラーに定着できず、自分の代になっても、出たり出なかったりが続き、僕の実力はこんなもんなんだと思ったりもしました。
でもそんな時でも、不調で全然打てない僕を見て、毎回 「今日はこんな打ち方になっていたぞ。」と根気よく指導して下さるスタッフがいつもいてくれました。

南都のスタッフは、指導者と選手という関係だけではなく、自分の息子のように接して下さる方ばかりです。また、僕が全然打てない時でも、期待して使い続けて下さった西川監督がいたからこそ、諦めずに最後まで頑張り続けることができました!

高校は、中学より部員数も多く、すぐに諦めてしまいやすい環境にあるのですが、南都ボーイズで諦めずに最後まで頑張り続けることを教わることができたので、高校ではレギュラーをとり、副主将を務め、3年の最後の大会では、準々決勝の龍谷大平安戦で、相手のエース 高橋投手から、3ランホームランを打つことができました。
ちなみに、その試合後、僕は熱中症で救急車で運ばれたのですが、そんな中でも試合中、しっかりとパフォーマンスできたのは、南都時代に西川監督から
「人間は追い込まれた時に、本当の姿が出る!そういう時に期待にこたえられる選手になれ!」
と言われてきたことを、ずっと忘れずやってきたからだと思います。

高校時代は本当にしんどくて、何回も辞めたくなったり、逃げ出したくなった時もあったのですが、そんな時でも西川監督から、「調子どうや?」 とか、「暖! 新聞載ってたぞ!」 とか、こまめに連絡を下さって、いろんな方が見てくれているんだと思い直し、絶対活躍して見せようと思えました。

西川監督は、中学時代の僕がちょけている動画を送ってきたりすることもあったり、選手との壁が無い本当にいい監督だなと思いました。いろんな選手とも話しますが、西川監督みたいな監督は他にはいません。

今後は時間があればグランドに顔を出し、現役の南都の選手たちに、少しでもアドバイスできたらなと思っています!
僕は南都が大好きで、今でも心から誇りに思っているチームです。



ページトップへ



  南都21期生 松下 侑平
  (奈良大付属高校 ※2015年春甲子園出場 - 愛知大学)
僕が南都ボーイズで教わったことはたくさんありますが、大切なたくさんのことを中学時代に学んでいたということを、高校に入ってから特に実感しました。
南都ボーイズで当たり前にしていたプレーや考え方を、他の選手が知らなかったり、できていないことが多くありました。南都ボーイズで色々なことを指導していただいたお蔭で、高校に入学してからも、あわてることなく、高校野球に入っていけたと思います。

中でも、僕が中学3年間で一番成長できたのは、守備面でした。
軟式から硬式に入りたてでバウンドの違いに慣れていない頃、監督やコーチに内野手としての基礎を教わり、見様見真似でプレーしていくうちに守備が得意になりました。
そのおかげで高校では守備力も評価していただき、レギュラーをとることができたのだと思っています。

また、南都ボーイズでは、技術だけではなく、取り組む姿勢、考え方、感謝の気持ちを学びました。

さらに、西川監督は卒団してからもLINEなどで連絡を下さるので、困った時、悩んだ時などに相談にも乗っていただいたりと、自分達卒団生のことも、大切に考えてくれる心温かい監督です。

南都ボーイズというチームで教わったからこそ、今の自分がいると思います。
南都ボーイズで野球ができたことに今でも本当に感謝しています。



ページトップへ


OB・卒団生 .

在団生 .

保護者 .
◆在団生◆


  南都26期生 山戸 亮弥(H29年・3年キャプテン - 大谷高校へ進学)
僕が南都ボーイズに入団して、2年が経ちました。
最初の1年間は、毎日の練習をこなして、ついていくだけで必死でした。
そんな僕たちにも後輩ができ、さらに自分たちが向上しなければ、という気持ちが強くなりました。
今年度はキャプテンに指名して頂き、僕は嬉しい気持ちとともに、新たな目標ができました。

キャプテンとは何事も先頭に立って、チームを引っ張っていかなくてはなりません。
でも今のところ、僕は残念ながらプレーでは、引っ張ることができていません。
だから僕は自分にできることを考え、行動しようと心掛けています。

練習準備、終了後の整備、道具を大切に扱う、自分たちで考えた練習メニュー、選手ミーティングを重ねて意識統一を図る、自宅での自主練習、体調管理など、野球をするために必要なことを一生懸命やること。
それらがきっとプレーの向上にもつながると信じて、継続しています。

そんな強い気持ちを持ち続けた結果、春の予選では一桁の背番号をもらうことができました。
試合に出られなくて、落ち込んでしまうこともありますが、きちんと気持ちを切り替えて、次へ向かって努力をやめないことが何より大切だと信じています。

その考えの元になっているのが、西川監督の教えです。
僕たちの監督は、人としての常識を大切にされています。

例えば、僕たちは 「野球ノート」 という平日も含めた一週間、自分が野球に対して行ったことを振り返るノートを書いていて、毎週スタッフに提出して指導して頂いています。
そのノートの書き方についても、人に見せるものなので、読む人のことを考えて、分かりやすく、きれいな字を書くのは当たり前だと言われます。

自分たちが野球をさせてもらうグラウンドにゴミが落ちていれば自然と拾うなど、そんな細かい気づきができる選手は、練習や試合の中でもチームメイトのことを考えることができ、自分勝手なプレーが減ると言われます。

僕たちはそんな監督の下で、僕自身の、そしてチームの目標である 『全国大会出場』 そして 『全国制覇』 を目指して、日々練習しています。
まだまだ課題がたくさんあり、今のままでは厳しいかもしれません。
でも、悔しい敗戦も経験し、選手一人ひとりが勝ちにこだわる気持ちが高まってきている 「これから」 こそ、このチームで全国を狙えると信じています。

『南都ボーイズ』 は、選手として、人間として、自分を成長させてくれるチームです。
新しく迎える後輩たちとも、一緒に真剣に頑張って、成長していきたいと思っています。
ぜひ僕たちと一緒に 『南都ボーイズ』 で野球をしましょう!



ページトップへ



  南都27期生 藤田 飛由馬(3年) ※1年時のコメント
●南都ボーイズを選んだ理由
僕は小学5年生の頃から、中学生になったら絶対に硬式のチームに入ろうと決めていました。
6年生の秋になって、いろんなチームを見てみようと思い、お父さんと一緒に5チームぐらいの体験に行きましたが、その中で、なぜ南都ボーイズに決めたかというと、
まず、同じ学童チームのひとつ上の先輩が3人いたから。
二つ目は、体験に行った中では、活気があって、みんな楽しそうに野球をしていたから。
三つ目は、広い専用のグランドを持っているから。
四つ目は、家からまぁまぁ近いから。 この4つが決めた理由です。

●南都ボーイズの良いところ、南都ボーイズの特徴
南都ボーイズは、ナイター照明付きの広い専用グランドを持っています。専用グランドがないチームは、あっちこっち行って大変ですが、その心配はなく、毎週そこで一日中思う存分練習ができるので、環境面は最高だと思います。
南都ボーイズは、他のチームと違って基本的に平日の練習はありません。なので、平日学校から帰ってきてから、どのように過ごすかが大事で、普段の自主練を頑張っている人、サボっている人で差が出てくると思います。

●先輩のこと
ふたつ上の先輩は、一人しかいませんでしたが、ひとつ上には、たくさんの先輩がいます。
練習や試合では、きびしく言われる時もあるけど、昼休みや休憩中には、バカなことを言って僕達を笑わせてくれるので、しゃべりやすく、やさしい先輩ばかりでおもしろいです。
なのに、野球になると打撃や守備がすごく上手いので、とても良い見本になります。

●スタッフのこと
学童の時のコーチ(お父さん)もうるさかったけど、練習中の監督やコーチの指導は、それ以上にきびしいです。でも、僕たちが上手くなるよう細かいところまでアドバイスをしてくれて、分かりやすく教えてもらえるので、絶対に上手くなると思います。
野球の時は、きびしいですが、普段は、気さくでしゃべりやすいです。

●どんな選手になりたいか
僕と同じいずみクラブから南都ボーイズを出て、今、熊本の秀岳館高校で活躍している川端投手を目標に僕も甲子園に出られるよう、土日の練習、普段の自主練を頑張っています。
プロ野球選手では、広島の菊池選手のような走攻守3拍子揃った選手になりたいです。
試合では、内野で出ることが多いですが、名前が、「ひゅうま」なので、ピッチャーも頑張ってやっていきたいと思います。



ページトップへ


OB・卒団生 .

在団生 .

保護者 .
◆保護者◆


  父親の目線から 〜自ら考える野球〜
我が子が中学硬式野球チームを選ぶに当たって、たくさんのチームの見学・体験に行きました。
我が家のチーム探しのテーマは、「選手自らが考える力を育ててくれるチームか?」ということでした。
平日もガンガン練習をするような強豪チームもいくつか見ましたが、私の眼には、『与えられた練習、やらされている練習』と映りました。

その点、南都ボーイズは、ある意味、衝撃的だったことを覚えています。
監督やコーチは選手に「しゃべる」ことを求め、選手もそれに応えて、ひとつひとつの練習やプレーの中で、自らが考えていることを、自分たちの言葉で伝え合い、自ら考えて行動しているという印象でした。
厳しい練習の中で、選手が個々にプレーを楽しみ、前向きに取り組んでいるように感じました。
この選手たちの姿を見た時、「このチームだ!」と、心は決まりましたね。

入団後もやはり日々の練習の中で、考えることや自主性を大切にしていることが伝わってきます。
それは、「間違ってもいい、失敗してもいい。自分で考えてチャレンジしなさい。間違ったことをしていたら止めてやるから。」という西川監督の言葉の中に表れていると思います。

また、取り組み姿勢、周囲からの目線・見え方、アピールの姿勢についても、よくお話があります。
指導されたこと、求められたことに、真剣に取り組むこと。人が嫌がる仕事(整備や道具の片づけ等)へもきちんと取り組むこと。そしてその姿を人に見てもらうことも、アピールになること。つまり指導者にとって試合に使いたくなる選手であることが大切という教えです。
これは高校・大学と上のレベルの野球で役に立つだけではなく、自らを客観的にとらえる視点を養う意味でも、人生において非常に大切なことだと感じています。

野球の指導はもちろんですが、南都ボーイズというチームには、人間として成長していくための 「気づき」や「意識改革」のチャンスがあふれており、『人間力を培う』 という意味において、多感な中学時代にこのチームとめぐり合えたことは大変幸運であったと思います。



ページトップへ



  母親の目線から 〜保護者の負担〜
中学硬式野球チームは保護者の負担が大きいというのが、お母さま方の心配の種だと思います。
私自身もそうでした。子供は「やりたい!」と言うけれど、「本当にやっていけるのかしら?」そんな不安を強く感じていたことを思い出します。

実際に入団してみると、もちろん小学生の軟式野球と比較すれば、朝も早く、帰りも遅い。グラウンドは遠いし、活動範囲が広いので移動が大変。時には真っ暗なうちに集合して、真っ暗になってから帰宅することだってあります。
月に1〜2度回ってくる当番では、終日グラウンドに付きっ切りになりますし、試合ではアナウンスを担当することもあります。

正直言って、「楽ですよ〜!」なんて無責任なことは言えませんね。

でも、南都ボーイズの保護者の皆さんは、子ども達に愛する野球を精一杯させてあげたいという想いで集まった方々。子ども達の夢のためには、大変な部分も助け合い、融通し合って、みんなで協力しています。
お仕事や兄弟の習い事などで、なかなかグラウンドに顔を出せない保護者も当然おられますが、それぞれができるところで協力していく、それが南都ボーイズというチームです。

我が子のことで言えば、南都ボーイズに入ってから、目標に向かって少しは努力をするようになった気がします。また、自分の考えや感謝の気持ちなどを、きちんと伝えられるようになってきました。少しずつですが人間として成長していることを実感する日々です。
子供は親の頑張りをきちんと見てくれているようですね。

もし、中学硬式野球に進むことについて、親側の事情でためらっておられるご家庭がありましたら、ぜひ一度南都ボーイズに見学に来られてはいかがでしょうか?そして、子ども達や保護者の雰囲気も実際に感じてみてください。
喜多重機グラウンドでお会いできることを楽しみにしています。



ページトップへ